いちまのゲームブログ

シーズン4をシルバー3で終えたいちまが書くLOL、ゲーミングデバイスについてのブログです。 シルバー3なりの考察や試合についての感想を書いていこうと思います。

カテゴリ:LOL > montage紹介

ちょびちょび挟んでいきます。montage紹介です。
今回は、ShirhcEzさんのmontageです。え?誰?って思う方も居るかとおもいますが、NA最強クラスのNasus&Singed使いの人です。今回は、Singedの方のmontageを見つけたので紹介します。

SirhcEz Singed Montage - The Singed Master

 
です。彼にピッタリの題名だなーと思いました。boxboxのrivenに対して、遊ぶように倒していく様が、とても笑えます。見てる分には、とても楽しいですが実際にTOPで対面をすると本当に嫌なんだろうなあーと思います。
彼の配信をみていて思うのは、本当ににやにやしながらプレイしています。怒っている所はあまり見かけません。温厚でファームしてたら気がついたら対面死んでたみたいな感じなんでしょうか? 
にしても、スキルをヒョコヒョコ避けて、ずーっと毒を食らわせてくる毒ハゲ・・・UZAI・・・でしょうね。
最序盤のマナ節約のためにおならみたいに、Qを出していきファームをしっかりとってくsingedがとても好きになるようなmontageでした。 

そんなチャンプを使ってるプレイヤー知ってますか?cowsepです。彼はyi使いとしてNAでは随一の有名さではないでしょうか?実際に彼の実力はとても高くKRサーバーでも十分に通用している場面を多々みます。
そんな彼のmontageが投稿されていたので紹介します。

Cowsep Montage - Best Master Yi Plays

これです。ランタンJGの頃から最近まで、たくさんのシーンが詰め込まれています。自分が受けたくないCCであったら喰らいたくないダメージ、相手がブリンクする瞬間を狙ってQを打ってるのが素直に凄いと思いました。
最近は、ASJGのJGアイテムの変更が来たおかげでyiがまたOPとなっています。いつぞやのランタンJGの再来とも言われているほどです。cowsepのbigplayがたくさん見れるかも?
montageに感化されて自分も!と思ってしまうのはいけないところですね。一途になれないこの頃ですw
読者さんも、おすすめのmontageとかあったらコメントで教えてください! 
montage紹介でした。 

 やるべきことは、あるんですがやりたくない今日このごろです。
  さて、久々のmontage紹介ですが2つほどコレは!!というのを見つけてしまったので、欲張って両方紹介してしまいます。

まず、1つ目は 
 

Aphromoo "Too Easy" Super Montage 2014-2015 | LCS & Solo Queue

です。言わずと知れた、LCSNAの中でXpecialとの2TOPのサポートであるAphromooです。やはり、エグいタイミングでCC当てますね。スキルショットのタイミングや、引くタイミング、スキルショットの当て方までやっぱり凄いです。きっと、彼はどのレーンでも上手なんじゃないかと思わせるようなプレイばかりでした。また人柄もとても陽気で配信をつけているとうるさいほどです。

2つ目は、

 
 Ultimate Wildturtle Montage "Keep Turtle!"

です。題名の通り、Wildturtleのmontageです、彼はTeamSoloMidでLCSNAに初出場した試合にてPentaを取った伝説的な人物です。soloQでは、turtleを引いたほうが勝つと言われるほど強いです。昨シーズンだったはずですが、チャレンジャーのアカウントをいくつも持っていてほとんどが勝率60%超えでした。地味にAAするroleであるはずのADCが、彼が使うとここまで華やかになるのは、やはり才能だと感じました。
  また、何を考えているのかよくわからないので、インタビューなどでマイクを持たされることは、ほとんどないです。TSM側も何を言われるか気が気じゃないみたいです。
付け足しですが、turtleはTSMのレンジを爆発させたことがあるらしいです。

余談ですが、turtleは私がLOLを始めたての頃montageやstreamをみて、憧れた人物です。 チームとして、アイツをpeelしたら必ず勝てると思わせるほどの実力の持ち主であり、敵チームからは何が何でもturtleを最初に倒さなければと、狙われる人物です。最近streamしている場面をみませんが、replayをみても上手すぎて参考にならないですw

 随分と早い時期に台風が来たものですねえ。
 東京は夜に通過していくらしいので、朝のラッシュ時には電車の遅れは無さそうですね。

 相変わらず、レポートに殺されかけながらも暇をみつけては動画をみたり、vladのガイドをちょこちょこ作ったりとしているものですが、中々難しいです。
 記事を書いていて思ったのがvladのパッシブって不思議だなーってかんじです。

 そんなこんなで、今日もおすすめのmontageでも貼ろうかなーと思って探していたのですが、面白いmontageをみつけました。

The Thresh God

です。

 韓国では熱狂的なファンも多数いるMadLife氏のmontageです。

サポートの中でも特に玄人向けと言われているThreshでこのプレイをされてしまうと、ADCとかAPCはいくらダメージを出してもあのThreshのお陰だよねと言われてしまうのが、しょうがないと思ってしまうほど上手いプレイばかりです。

 Qの精度ももちろんのこと、ランタンの使い方も咄嗟の判断とは思えないものばかりです。

僕が彼のプレイを見ていて思ったのは、しっかりAAを繰り返しているところです。

基本中の基本なのですが、それをとても大きな大会の決勝でも当然のように出来る所が、本当にプロだなーと思います。

 サポートのAAなんてwwって思う人も居るかもしれませんが、この小さなダメージが時に勝負を決める世界なのだと考えると韓国のチームがとても強いのも、うなずけてしまいます。

 こんなThresh使いになりてーって使い始めても3日も経たずにやめるんだろうなーと、思いつつ暇を見つけてはThreshをプレイしたくなってしまいました。

今日のmontage紹介はズバリ

The Gatekeeper

です。
知ってる方も多いと思いますが、一応説明しておきますと
S4の頃はD1から昇格戦を経てチャレンジャーとなるのですが、この昇格戦にてほとんど必ずと言っていいほどfabbbyyyと当たりまして、彼次第で昇格も残留も決まると言われたほどです。
彼は主にADCを得意としていますが、その中でもdravenがずば抜けています。
NAのdraven使いの中でも上位なのは確実です。
OP.GGにて調べてみたところ今シーズンはkalistaも使い始めたようです。
僕は、彼のことがwildturtleと並ぶほど好きです。なので、一度見てもらえたら嬉しいです。

↑このページのトップヘ