いちまのゲームブログ

シーズン4をシルバー3で終えたいちまが書くLOL、ゲーミングデバイスについてのブログです。 シルバー3なりの考察や試合についての感想を書いていこうと思います。

ってことで、KR鯖にて5人プリメイドでプレイしていたんですが、NAとは比べ物にならないぐらい強いですね!
レベル30未満のはずなのに、NAのプラチナより上手いんじゃないの?って動きばかりしてきます。
よくわからんとですw
さすが世界最強の鯖!としか言えなかったです。

NA鯖がお亡くなりになってプレイヤーが台湾やその他に移住しているわけですが、NAと比べてどうですかね?
KR鯖は皆さんがご存知の通り、負けゲーは20分で終わり勝ちゲーも20分で終わる快適な鯖です。
勢いがついたらそのままGGです。
負け始めたらやる意味ないので、AFKもDCも居ますね。
これはこれでアリだと思います。

それに対して台湾鯖がどんな感じなのか気になります。

30レベルまでが辛すぎて心が折れそうですw
NAでもこんな感じだった気が… 

お久しぶりです。。。
ほとんど更新していなくても最低11人の方々が毎日見てくれているみたいで電車内で涙流してました。
少々サバゲーの合宿に行っていたもので、久々の更新になります。

ここ2週間ぐらいほっとんどLOLができていなくて、ひどいことになっているんだろうな~と思いつつ数試合やってみましたが、案の定酷かったです。
それでもなぜかeliseだけマシだったというOP蜘蛛女めが!

何を書くかな~と思いながらこの記事を書いているのですが、パッチとかOPについてはランク高い方々のブログで読んでいるだろうし~と、最近あったことを思い起こしている途中であることが思い浮かびました。

それはjapanese チャットについてです。 
ここであえて記事にする必要があるかどうかは、気にせず思ったことだけを書いていこうと思います。
かくいう私も不機嫌でマナーが悪かったりプレイが荒くなったりすることもあるので、ブーメラン食らいながらの文字起こしですw

まず、japaneseチャットについて説明ですが日本人同士の交流が目的とされて集まっているチャットらしいです。くだらない話でもボチボチしてるかな?と思い覗いてみましたが誰一人発言しない殺伐とした空間でした。
私は友人が少ないので、人数合わせのためにjapaneseチャットのCHのプレイヤーに対して招待を送ることが有ります。
たいてい一緒にゲームやる日本人にはフレンドを送っています。
5人でゲームをやるときは、わいわい良い雰囲気で楽しんでいるのですが、たまーにvc無しの2人でプレイすることが有ります。

最初に思ったことはマナー悪いなあ・・・です。
不快なレベルです。
vc繋いでて遊びで煽り合ってたり、すっごく仲いい人と遊んでて~ってなら、まだわかります。
一緒にプレイするのが2回目とか3回目なのにチャットで暴言ピング連打トロールと・・・日本人がNAのプロプレイヤーにブロックされる理由はコレか!!と言いたくなるほどでした。(私もブロックしてしまいましたしね)

この間あったのは、ソロデスして、永遠pushしているレーナーからガンクくれ!助けてくれ!!とせがまれ、bushで待機してたらレーン下げるかなーと思ってタイミング見計らってたら、ずーーーーーーーーーーーーーっとpushし、他のレーンに行ったら、なぜこないんだ!!!とキレる方でした。
ミュートしておきましたが、次をプレイする気力はなかったです。

relaxしましょう。 

バイトに明け暮れて居たので、忙しかったです。ほとんどLOLプレイできていませんw

さて、今日は別ゲーの話になってしまいます。
今大問題になっているKOJIMA HIDEOについてです。
KONAMIによる左遷と、コジプロの解体…
僕がゲームにハマったきっかけになったゲームなので、とても残念です。

そして、A KOJIMA HIDEO GAMEのロゴの文字も消されるほどです。
今のメタルギアは彼なしでは、まずあり得ないでしょう。というか誕生していませんね

明日発売ってこともあり、なんとなーくSteamのレビューを見てみましたが、日本人より海外の人たちのほうが相当怒っていますね。

どのページをみても、50%近くはA Hideo Kojima Gameと書いてあります。

この意味は、小島監督が作ったゲームであって、例えKONAMIであっても、舐めたことするんじゃねえ
って意味だと思います。

MGS5発売後の旧コジプロの動向が気になります。

コジプロをかっている企業はたくさん居ると思うので、気のあう企業があるといいなーってかんじです。
面接で小島監督きたら面接担当が頭下げそうですよねw

ってわけで、MGS5が楽しみです(プレイする時間があるとは言っていない) 

↑このページのトップヘ